ヘルパーの仕事について

  • ヘルパーの仕事について

    • 私はデイサービスでヘルパーとして働いています。

      働き始めて8年になります。

      私は高校を卒業してからすぐにヘルパー2級の資格を取りました。
      その後、高齢者の入所施設で3年働き、現在のデイサービスで働いています。



      今は結婚もして子供もいるため、日中、働くことのできるデイサービスで勤務しています。



      デイサービス内では主に送迎、食事、入浴、排泄、外出同行、運動、レクリエーションなどの業務の他、書類の記録、作成なども行っています。



      ほとんどのデイサービスでヘルパーは同じような業務を行っています。



      ヘルパーといっても、他の介護福祉士なども同じような業務に携わっており、給料も資格手当以外、ほぼ同じ金額をもらっています。



      介護の仕事は非常にやりがいがあります。



      介護の仕事を始めた当初は高齢者とどのように話していいか分からず、いつも困っていましたが、一緒に働いていた先輩のヘルパーから指導してもらい、今では介護の仕事が天職だと感じています。



      いつも高齢者と歌を歌って楽しく仕事をしています。

      今の世の中、高齢者関係の仕事は「給料が安い」「きつい」「汚い」などと敬遠されがちですが、誰かが介護の仕事をしなければ困ってしまいます。


      また誰もが必ず高齢者になります。


      そのようなときにやる気のない職員に介護されたくないと思います。
      最近では外国人労働者を受け入れる施設も出てきているようですが、ほとんどの高齢者は外国人と触れ合ったこともなく、同じ日本人に介護されたいと思っています。もしあなたが介護の仕事に就いたとき、自分の長所を活かして働けば、必ず介護の仕事が楽しくなります。

      多くの高齢者が若い人たちの力を必要としています。



  • 関連リンク

    • 私は特別養護老人ホームでヘルパーとして働いています。働き始めて5年になります。...

    • ヘルパーは、介護サービスを受ける第一号介護保険の被保険者である六十五歳以上の高齢者(四十歳から六十四歳までは、若年者等とされており、リウマチ等といった特定疾病を発症した場合に限り介護サービスの対象となります。四十歳から六十四歳までは、第二号介護保険被保険者となります)に対して介助等をする介護職従事者です。...