ヘルパーの仕事について

  • ヘルパーの仕事について

    • 私は今訪問介護事業所でヘルパーとして働いています。


      働き始めて5年になります。



      ヘルパーの仕事はとてもやりがいがあります。



      なぜなら、高齢者の手助けをすることができるからです。私が働く訪問介護事業所には様々な高齢者宅への訪問の依頼があります。



      訪問介護の仕事は高齢者の自宅を訪問して、入浴、排泄、簡単な運動、買い物同行、掃除など生活援助や身体援助を主に行います。



      これらのことは、主婦ならば、ある程度簡単にこなすことができますが、高齢者宅に入って行うわけですから、その人から依頼された方法に合わせて訪問を行わなければなりません。

      食事なども高齢者の味覚に合わせ、栄養面なども考えて作らなければならないし、掃除なども高齢者本人の居住範囲にどこに何が置いてあるかなどをある程度把握しなければなりません。

      また一番大変なのは、その方との関係性を築くことです。ここが上手くいかないとなかなか受け入れが悪く、場合によって訪問拒否などもあります。



      まずは、時間をかけて、高齢者との関係性を築き上げることが重要です。


      それができれば、訪問が非常に楽しいものになり、介護も楽しくなってくるでしょう。



      ヘルパーの仕事は時給も良く、事業所によっては勤務時間も相談できるし、高齢者とのふれあいが好きならばとても楽しい仕事です。


      介護技術は要求されますが、ほとんどの場合、時間をかけてゆっくり訪問することで自然と身についてきます。



      もしあなたがヘルパーの仕事を考えているなら、一度、体験してみてはいかがでしょうか。



  • 関連リンク

    • ヘルパーは、介護サービスを受ける第一号介護保険の被保険者である六十五歳以上の高齢者(四十歳から六十四歳までは、若年者等とされており、リウマチ等といった特定疾病を発症した場合に限り介護サービスの対象となります。四十歳から六十四歳までは、第二号介護保険被保険者となります)に対して介助等をする介護職従事者です。...

    • 私は今訪問介護事業所でヘルパーとして働いています。働き始めて5年になります。...