ヘルパーの仕事について

  • ヘルパーは、ネットで講習申込みするのが得策

    • ヘルパーは、介護サービスを受ける第一号介護保険の被保険者である六十五歳以上の高齢者(四十歳から六十四歳までは、若年者等とされており、リウマチ等といった特定疾病を発症した場合に限り介護サービスの対象となります。
      四十歳から六十四歳までは、第二号介護保険被保険者となります)に対して介助等をする介護職従事者です。



      また、ヘルパーという呼称は一般的に使われていますが、資格としては介護職員初任者ということになります。



      2013年以降、介護職員初任者研修というものがヘルパー受講の新名称となっています。
      介護職に就くには無資格者であっても未経験から就労可能となっており、人材派遣会社等を経由しての就労となります。


      また、資格としての初任者研修を受けることも必要とされており、講習は随時申込みされることになっています。
      介護職員研修の講習ですが、受講することによって介護に関する正しい知識を取得することが可能となります。また、収入面でも無資格者よりも優遇されることが多くなります。



      介護職員初任者研修は、従来のヘルパー二級に相当するものです。



      現在もヘルパー講習としてネット上で紹介されています。



      また、研修はオンラインで申し込みをする方が得策となっています。



      介護職員の研修は基本的に講習実施機関に問合せをして申し込みをすることになるでしょう。


      講習実施機関に電話で問合せをして、来所して申し込みをするのは良いかもしれません。


      ただ、ネット上で様々な講習実施機関にオンライン上で申し込みをした方が費用負担は安くなります。



      また、ネット上だと割引を実施している実施機関が多いのも注目すべきこととなっています。
      そのため、介護職員初任者研修の申し込みは、多くの人がネットでしているといいます。

      費用負担を軽減したいと考えている人や介護事業者は少なくないようであり、今後もこの動きは続くに違いありません。



  • 関連リンク